東京都競馬リクルートサイト

私たちの想い

事業紹介

社員紹介

教育体制

採用情報

PEOPLE 社員紹介

株式会社東京プロパティサービス
庶務部庶務課

内田 千晶

C.Uchida

PROFILE

2015年4月入社
学芸学部卒
日々の業務を担当しながら、スキルアップにも積極的に取り組む勉強家。実際、経理知識はすべて入社後に勉強し、時間を作っては外部研修にも参加。「知識習得の証に、簿記資格を取るのが今の目標です」。

入社動機

    就職活動では、「将来まで活躍できる環境で、社会的価値のある仕事がしたい」と考えていました。当社については、ショッピングセンターやオフィスビルなど日常的な施設から、競馬場という非日常の施設まで様々な施設管理を手掛けていることがまず印象的で。しかも地域交流を積極的に行っていて、“街づくり”に取り組んでいける感覚を受けました。それに説明会では、育児休暇から復帰した女性社員が楽しそうにお話ししていたのも印象的で、その姿に自分の将来を重ねられたことも入社の決め手になりましたね。

将来を見据えて
働ける職場で、
社会に笑顔を増やす
事業を支える。

経理・総務の仕事を通して、会社全体をバックアップ。

    庶務部庶務課は20〜40代の5名で構成されており、チームワークでバックオフィス業務に取り組んでいます。私が主に担当しているのは、備品管理や社内美化といった総務業務と、経費に関する経理業務。他には、会社の1カ月の売上高を1枚の資料にまとめた損益計算書も毎月作成しています。こうした「各部門でどのくらいの売上と支出があったのか」というデータは、経営に欠かせないもの。ミスなく、期限前に仕上げるように心がけながら、数字を通して他部署の業務内容への理解も深めるように取り組んでいます。
    また、業務と並行して若手社員向けに実施された6カ月間におよぶ特別研修にも参加。外部の講師を招き、私たち一人ひとりが現状把握や課題克服のプラン作成に取り組みました。例えば、参加者を2班に分け、与えられたテーマについて各チームが実現可能な案を検討して発表。講師の方から「内田さんの場合は、物事の優先順位をつけるのがまだ不得手ですね」といった評価をいただき、その上でどう克服していくかをレクチャーしていただきました。こうしたビジネスパーソンとしてスキルアップできる機会が多いのも、当社の特徴だと思いますね。

若手が集まる「女性プロジェクトチーム」で、社会貢献活動にも参加。

    普段の業務以外に、女性社員で構成されたチームにも参加しています。これはグループ各社から若手の女性社員が集まり、テーマごとにチームを組み、女性ならではの視点を活かして全社的な取り組みをより良いものにできるように企画・検討する活動です。私は「CSR活動」をテーマとするチームに参加していて、定期的にメンバーが集まりミーティングを行っては、環境保全に関するアイディアを検討し合っています。その時間の中で、日ごろの業務では得られない視点や刺激を受けることも多く、とてもやりがいを感じています。
    こうした活動を紹介すると、すごく忙しく聞こえるかもしれませんが、普段はほとんど定時帰りとメリハリをつけて働ける職場です。当社の場合、“ナイター勤務”といってナイター競馬開催日などに午後出社がありますが、銀行に行ったりと午前中を有効活用できて、むしろ働きやすいくらい。私にとっては働く環境も大事なポイントだったので、いい職場に出会えたと思っています。就活中の皆さんも、色々な業種・業界の会社の説明会に参加して、「ここだけは譲れない」というポイントを明確にすることが大切。そして、その想いが「地域貢献」や「人を笑顔にしたい」というものであれば、当社の説明会にも参加してみていただけたら嬉しいです。

ONE DAY SCHEDULE

競馬開催時
09:00 出勤 メールチェックと売店用の釣銭の受け渡し
10:00 社内の消耗品の棚卸
11:00 会計ソフトを用いて記録し伝票を作成
12:00 昼食 大井事務所の前にある当社直営のコンビニで購入
13:00 会議用の財務書類の作成
16:00 社内で使用する消耗品の発注
17:00 売上金の集計 当社で管理している売店・飲食店の売上金を集計
18:00 退勤
他の社員のインタビューを見る