東京都競馬リクルートサイト

私たちの想い

事業紹介

社員紹介

求める人物像

教育体制

採用情報

エントリー

インターンシップ

PEOPLE 社員紹介

東京都競馬株式会社
施設整備部施設課

吉田 眞裕

M.myoshida

PROFILE

2015年4月入社
建築科卒
「建物や空間で人々に喜びや楽しさを与えたい」を目標に就活を展開。大井競馬場のスタンドデザインの素晴らしさに感動して、入社を決意。現在は、施設整備部施設課で建築分野を担当。施設内建造物の修繕工事等の管理業務全般に従事する。

入社動機

    多くの人とかかわりながら、建物や空間を使って人々に喜びや楽しさを与えることのできる仕事がしたい、と考えて就活していました。当社を選んだきっかけは、会社説明会で大井競馬場を訪れた際に見た、「L-WING」というスタンドの、翼を模したデザインです。その素晴らしさに感動し、「いつかこうした建造物のプロジェクトに携わりたい」という思いが強く湧きあがりました。また、広大なスペースがあり空間活用ができることも自分の目標にマッチしており、当社はまさに自分に最適な職場だと感じて入社しました。

大井競馬場の各施設を
維持・管理しながら、
新しいノウハウを学び、
成長し続けていく。

使い手と施工会社のパイプ役として、厩舎をサポートする。

    所属する施設整備部施設課では、建築分野担当として、大井競馬場敷地内の建造物改修の工事監理を担当しています。この業務では、施工会社や主催者をはじめとした各関係者とミーティングをしながら、時期や施工方法などを含む工事計画を立てることから始めます。工事開始後は、スケジュールに即した進捗管理を行います。問題が発生していないか、日々、関係者とコミュニケーションをとり工程などをチェック。安全かつスムーズに工事を完了させることが私の役割となります。
    現在は主に、競走馬の厩舎という、当社ならではの建造物の改修工事に携わっています。厩舎とは、競走馬を飼育、調教、管理するところです。厩舎とその内部の馬房の改修工事は、使い手となる調教関係者と、工事を担当する施工会社とのパイプ役として、施工スケジュールや施工方法を取りまとめ、進捗管理を行います。また、使い手側からのご要望に対しては、できる限り対応できるよう、ニーズに即した厩舎づくりをサポートします。
    この業務でいちばん心掛けていることは、当社、使い手、施工会社が工事に関する最新情報を等しく共有し、特に新たな決定・変更事項に対して、三者の合意・確認がしっかりと取れている状態に保つようにすることです。この体制が整っていれば、コミュニケーション不足による問題の発生は未然に防げ、計画通りに工事を完了させることができます。そのためには、ドキュメント、メール、口頭のあらゆる手段を使い、こまめにコミュニケーションを取ることが大切だと感じています。

厩舎の改修監理業務も、間違いなくお客様の笑顔につながっている。

    入社当初は厩舎を担当することに対して、自身が思い描いていた花形の仕事ではない、「L-WING」を見てイメージしていたこととあまりにかけ離れている、という気持ちが正直ありました(笑)。
    しかし、年に一度開催されるお客様感謝デーというイベントで、訪れるお客様との接客業務を体験した際に、みなさん「競馬」というコンテンツを本当に楽しみにしているのだなと感じました。それと同時に、競走馬にとって大切な厩舎の改修管理業務は、間違いなく競馬を支え、それがお客様の笑顔にもつながっているのだと気づき、今では、自分の業務に誇りが持てるようになりました。そして、競馬場内のコミュニケーションスペースに、新たなパーテーションの設置にかかわるなど、少しずつですが「楽しめる空間を演出する」ことにも直接貢献しています。
    これからもいろいろな工事・改修を経験し、時には現場で作業状況を見守りながら、知識と技術を積み重ねていきたいと考えています。そして将来的にはぜひ、「L-WING」の改修や、新しい画期的な建物の建設や維持管理業務に携わり、来場される多くのお客様を、建物と空間で、あっと驚かせ、感動させられるような仕事ができるよう、成長していきたいですね。

ONE DAY SCHEDULE

09:00 出勤 メールチェック
10:00 工事現場 確認・打合せ
12:00 昼食 会社補助付のお弁当をいただきます
13:00 現場調査 工事を予定している現場を、施工会社と確認し施工方法や時期等相談
15:00 部内工事打合せ 月次ごとに工事について、施工方法や予算を協議
16:00 工事関係書類(工程表・図面)作成
18:00 退勤
他の社員のインタビューを見る